高山本線高山駅橋上駅舎化及び自由通路新設

2020.04.22

昭和9年に開業した高山駅は、線路の東側に建つ木造の地平駅舎であった。今回、橋上駅舎化及び自由通路の新設を行うことで、駅の東西が結ばれ、交通結節点として生まれ変わった。また、飛騨地方の玄関口として相応しい「高山らしい」デザインとすることにより、地元や観光客の皆様に永く愛される建物とした。