青梅線 東中神駅橋上駅舎新築

2020.04.22

東中神駅付近は青梅線と並行する街道と共に駅南側を中心に発展してきた。旧駅本屋も南口広場側に面した地平駅で、今回の橋上化と同時に南北自由通路を設けることで“新旧の街をつなぐ街道”としての駅づくりを目指した。
新しい街へ人が訪れるためだけの駅ではなく、もともとの街へと賑わいがつながり街全体へと賑わいが戻っていくきっかけとなる駅、これまで街道が街の発展に寄与してきたように、新しい自由通路と 駅が人々の日常の中の道のひとつとなる駅をめざした。