阪神本線 三宮駅

2020.05.26

地下駅である三宮駅は、これまで昭和8年建設時の構造が大半を占め、改札口が一箇所しかなく、ラッシュ時の混雑緩和、地下駅火災対策、バリアフリー化、乗換円滑化等の課題を抱えていた。これらを解決するため「都市鉄道利便増進事業」による改良工事を実施。東改札口の新設、既存西改札口の改築、4回の線路切替を含むホーム改築等を行った。