石和温泉駅橋上化・南北自由通路

2020.04.22

石和温泉駅は名前の通り温泉街にある駅だが、単に和風のデザインとするのではなく、和の伝統を継承しながらも、水平・垂直ラインを強調するファサードとした。「縁側の駅」をコンセプトに、木製ルーバーで建物の内外をゆるやかにつなぐ中間領域(=縁側)を構成し、お客さまにとって憩いの場となるような開放的な空間とした。