田園都市線たまプラーザ駅

2020.05.29

たまプラーザ駅では街の活性化を目的として、商業施設「たまプラーザテラス」を中心とした駅改良及び周辺開発が実施された。既成概念にとらわれない取り組み「3層吹抜け大空間・コンコースの開口他」により『駅と商業施設の建築的融合』を図り、互いに機能を補完しあうことで『街の玄関口』となる魅力的な空間を目指している。