湘南江の島駅舎の耐震補強及びバリアフリー改修

2021.01.20

湘南江の島駅は、三菱重工が1966年に湘南モノレールを建設した際に新設された駅である。2020年のオリ・パラで江ノ島が競技会場になることが決定し、湘南江の島駅にも多くの観光客が訪れることが予測された。そのため藤沢市としても、湘南モノレールとしても駅舎のバリアフリー化が急務となり、5階ホームから1階までをつなぐEVとESCの設置を行った。