武蔵野線東所沢駅イメージアップ

2022.01.21

武蔵野台地の森林および地域とゆかりのある本をテーマとして、木と文化が融合した文化発信の拠点駅を目指しリノベーションを行った。緑化を導入することで周辺環境に調和した駅づくりに努めた。基本コンセプトに基づき外装はルーバーにより本棚を表現し内部は木立をイメージしたほか、通路にはポップアートのデザインシートを新設した。