東武東上線ときわ台駅駅舎改修

2020.04.22

ときわ台駅は1935(昭和10)年に誕生し、クルドサック等で有名な常盤台の街のシンボルとして愛されてきた。幾度かの改修により開業時の姿を失っていた駅舎を、都心で減少する木造駅舎の良さを後世に伝えるためにも当時の姿への再現を試みた。往年の姿に蘇った駅舎が、当時の風景や思い出を懐古させる街のランドマークになることを願う。