東急池上線 旗の台駅

2021.01.20

長年地域の人々の暮らしを支えてきた駅施設のリニューアル工事である。
本工事は東京都内の鉄道施設では初となる「CLT」を構造材として採用した。
施工ヤードの狭さ等を考慮し、人力でも施工可能な正角材とCLTを併用し、駅施設の利便性は下げないよう既存上家は残しながら、その上部にホーム全体を包むような新しい上家を組み上げる架構とした。