東北新幹線 新青森駅

2020.05.29

新青森駅は青森県の玄関として産業、交通及び観光にとってのエントランス機能を期待されている駅である。青森は日本最大級の縄文集落跡である三内丸山遺跡を有する事から外観に縄文をモチーフにした外壁とし、内装材には県木であるヒバ材や伝統工芸である津軽塗りを施し、降り立った旅客に青森を感じてもらえる駅としている。構造は2層高架下駅であり、在来線新青森駅、南北自由通路と観光情報センターを併設している。