東京駅丸の内駅舎保存・復原

2020.05.26

国の重要文化財である東京駅丸の内駅舎は単なる文化財ではなく、関東大震災や東京大空襲に堪えつつ、100年近くにわたり使い続けられている現役の建築物である。この重要な建築物の安全性・機能性の向上を図りながら、さらに長い将来にわたって恒久的な保存・活用を実現するために本プロジェクトは計画され、昨年10月に無事竣工した。