旭川駅舎

2020.05.29

旭川市は北海道第二の都市であり、拠点都市としてその役割が期待されている。現在進められている「北彩都あさひかわ」の街づくりは、「川のまち旭川」に相応し、豊かな自然との調和を目指している。旭川駅舎のガラスによるファサ-ドは、インターフェイスとして「自然」と「まち」を繋ぎ、木材で覆われた内部空間は「温もり」と「やさしさ」が感じられる。