土讃線 高知駅

2020.05.08

「南国の大らかさ」をコンセプトに、広場と高架橋をすっぽり覆う大屋根をもつ駅である。高知県産杉で造られた大屋根は、耐火性能確保、道路上への建設という法令上の高いハードルがあったが、関係者の熱意をもってクリアーした。木が露出するファサード、広場とコンコースが一体となった開放空間は、心地の良くも斬新なランド