北陸新幹線 富山駅

2020.04.29

北陸新幹線富山駅は地上3階建ての高架下駅で、デザインコンセプトを『立山あおぎ 心ときめく 光の舞台』とし、ホームの四つ又に分かれた白い柱を雪の立山杉の木立に見立て、大きなガラススクリーン越しにドラマチックに見せている。またコンコースの一部には八尾和紙を取り入れており、型染めによる様々な和紙の表情を楽しむことができる。