六本松複合ビル(六本松421、SJR六本松)

2020.04.22

九州大学六本松キャンパス跡地開発(六本松複合ビル)は、当社グループで始めての駅や沿線を離れた場所、いわゆる“まちなか”における総合的な開発である。敷地は、キャンパス全体で6.5haあるが、そのうちの北側部分約2.2haをUR都市機構が実施した公募により当社が取得した。 まちづくりのコンセプトは「人と人がつながり響きあう“まち”」とした。コンセプトを実現するため、建築物には、多種多様な用途を導入するとともに、意匠は、福岡の新たなシンボル的建物となる計画とした。