佐原合築駅舎

2020.05.29

小江戸佐原の玄関口となる鉄骨造2階建ての地平駅。大屋根と下屋による構成となっており、6面全てに和型いぶし本瓦を採用。駅舎正面の格子にて地元の木材業者が加工した山武杉を使用。また下屋通路の天井部にも山武杉を使用し、昔ながらの町屋のイメージを持つ意匠とした。内部には佐原の街並みを構成する勾配屋根を取り入れ親しみやすいものとした。