京都鉄道博物館

2020.04.27

本計画は、重要文化財である梅小路機関車庫を中心にその隣接地に新たな展示空間となる新博物館を新設し、来場者が施設群を一体的にめぐることで、各時代を代表する計53両の車両や各種展示、蒸気機関車の整備作業見学など、さまざまな形で鉄道のもつ魅力にふれ、鉄道の歴史・技術・安全・文化を学び、未来へ継承する博物館である。