京王電鉄 調布駅

2020.05.27

まちを象徴する「布」をデザインし、駅前広場と連続した駅空間とする事で地下駅が失いがちな「まちの玄関」としてのランドマーク性向上とともに、行先毎にカラーリングされた「布」を模したルーバーを階段・エスカレーターに設置し、上下ホームが積層する複雑な空間の理解度を向上すると同時にデザインの独自性を高めた。