九州新幹線、新鳥栖駅

2020.05.29

九州新幹線新鳥栖駅は島式2面4線の高架下駅で、佐賀県や西九州への玄関口として発展してきた佐賀県鳥栖市に立地しています。アジアや世界との「文化・情報・交流拠点」として、今後もますます発展していくであろう街の未来への期待感を、付近に生息する国の天然記念物「かちがらす(カササギ)」のはばたきに重ね合わせ、スピード感や躍動感を印象的に語ることのできる駅としてまとめました。