中央本線 多治見駅

2020.05.29

多治見市の都市拠点地区整備の一環として多治見駅南北自由通路の改築および橋上駅舎化を行った。外壁の大判タイルを始めとする各種タイルの採用や陶磁器問屋街として栄えた「オリベストリート」の街並みの構成要素を取り入れた自由通路のデザインによって古くから「陶都」として陶磁器産業を中心に発展してきた多治見市らしさを表現した。