(開放的な高架下空間):東横線学芸大学駅高架下店舗(学大市場・学大小路)

2020.05.29

高架橋耐震補強工事を契機に高架下店舗を建替えたプロジェクトである。既存店舗は閉鎖的で暗く、お客様を建物内に誘導しづらい等の課題があったため、開口率を高め、店舗の活気が外部に溢れる空間構成とした他、4棟の建物の軸をずらして分散配置することで動線に変化をつけ、回遊性のある賑わい空間を演出した。