相鉄・JR直通線 羽沢横浜国大駅

2021.01.20

「人と触れ合う、自然と触れ合う、風景と共生する駅」をコンセプトに、光と風を取り込む膜屋根吹抜けのエントランスゲートから、プロムナードへゆるやかにつながる快適な広場的開放空間を創出し、鉄、レンガ、ガラスを内外装に組み合わせることで、時代の流行り廃れに左右されない時を経て醸成する古びないデザインとしました。