減築再生:山陽本線 倉敷駅ビル減築

2020.05.03

倉敷駅ビルはS58年に地上8階建のホテル・店舗として開業したが、観光客の減少に伴いH22年末に営業を終了した。その後、駅北側にアウトレットパーク等が開業し観光客数も増加してきた。これを期に駅ビルの再建を図るべく、従来のスクラップアンドビルトではなく、建物の2階までを存置しリユースする減築方式にてリニューアルを図ることとした。