木とスロープの個性的空間:小岩川駅改築

2020.04.22

新潟建築技術センターとグループ会社で毎年開催している、駅舎コンペにおいて、平成29年度の1位になった案を元に設計を行った。駅舎とホームには、1500程度の高低差があり、この高低差の解消とともに、お客さまや地域の方々から愛される駅を目指し、工事だけでなく、多くの情報発信を行った。駅名標には地元の伝統工芸品の羽越しな布を使用した。