新しい移送モードへの挑戦:気仙沼線BRT 最知駅

2020.05.27

BRT最知駅は、旅客設備として待合所と上家整備など、整備したもので、津波により被災流失した駅位置にBRTの駅(待合室)として建設したものである。小規模駅舎(11㎡:待合室)の仕様は床がアスファルト舗装、屋根材、外壁材がポリカーボネイト板で整備し室内を明るい環境とした。