地域とつなぐ架橋:日南線大堂津待合所新築

2020.04.22

駅舎の老朽取替と設備のスリム化を目的とし、コンパクトな待合所への建替えを行った。デザインは日南線を走る観光列車「海幸山幸」の撮影スポットである橋梁をモチーフとし、構造体や内装材には宮崎県産の飫肥杉、床には宮崎県の活火山である新燃岳の火山灰を配合したレンガを使用する等、地域の素材を使い、地域に愛される駅を目指した。