ローカルカラー:東武鉄道 鉢形駅

2020.05.04

1925年の新築から約90年が経過した旧鉢形駅。東武東上線開業100周年、旅客便所の水洗化に合わせリニューアル工事を実施。水車小屋風デザインの新駅舎は、自然豊かな地域性を汲み、濃茶色を基調とし統一感のある駅に仕上げた。利用されるお客様を温かくお迎えし、地域に愛されるデザインを目指した。