コンパクト化:信越本線 柿崎駅コンパクト化

2020.05.08

長岡・直江津間に位置する柿崎駅で老朽化駅舎の改築を行った。従前の大きな駅舎から、待合室・旅客トイレ・駅事務室をコンパクトにまとめ改築した。地域に密着した駅をコンセプトに、RC造でありながら温かみのある駅を目指し、待合室に仕上材として県産杉を使用した。また海岸に面している為コンコースへの風の吹込みを低減させる形状とした。