あいの風とやま鉄道線・高山線 富山駅

2021.01.20

富山駅は自由通路およびLRT南北接続を含む連続立体交差事業の一環として高架化された。新幹線駅と共通の「立山あおぎ 心ときめく 光の舞台」をコンセプトに、縦ラインと白を基調としたファサード、立山杉に見立てた全覆い上家の柱を設えた。ホーム階はあいの風とやま鉄道線と新幹線との間に壁を設けないことで一体的な空間を構成した。