推薦 減築再生 : 山陽本線 倉敷駅ビル減築

倉敷駅ビルはS58年に地上8階建のホテル・店舗として開業したが、観光客の減少に伴いH22年末に営業を終了した。その後、駅北側にアウトレットパーク等が開業し観光客数も増加してきた。これを期に駅ビルの再建を図るべく、従来のスクラップアンドビルトではなく、建物の2階までを存置しリユースする減築方式にてリニューアルを図ることとした。
鉄道路線 山陽本線
応募 西日本旅客鉄道(株) 大阪工事事務所 大阪建築工事所
設計 ジェイアール西日本コンサルタンツ(株)
施工 倉敷駅ビル減築他工事特定建設工事共同企業体(広成建設(株)、(株)大本組)
構造/階数 S造地下1階 地上2階
延面積 減築前:18,435m2 →減築後:5,976m2
工期 平成24年12月~27年7月

一般社団法人 鉄道建築協会COPYRIGHT (C) ASSOCIATION OF RAILWAY ARCHITECTS CO,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.