拝島駅自由通路・橋上駅舎

拝島駅のデザインコンセプトは「文化をつなぐ駅」としています。自由通路は、昭島・福生それぞれの駅前広場に自由通路の内空と同じ大きさの開かれた大きなガラス・スクリーンを設け、幅員10mの自由通路を通して南北の広場をシームレスにつなぐ駅となっています。自由通路正面のガラス・スクリーンで、二つの都市が結ばれることにより、都市地域の調和と連続性を表現しています。また、自由通路に2箇所設置されたステンドグラス(昭島市はクジラ・福生市は七夕)は両都市の文化を表し、駅・自由通路によってつながれ融合を図っています。

鉄道路線 青梅線
応募 東日本旅客鉄道(株) 東京工事事務所 鉄道設備
設計 (株)ジェイアール東日本建築設計事務所
施工 拝島駅自由通路・橋上駅舎建設共同企業体(鉄建建設・西武建設JV)
構造/階数 S造地上3階
延面積 4,468m2
工期 平成17年7月~22年3月

一般社団法人 鉄道建築協会COPYRIGHT (C) ASSOCIATION OF RAILWAY ARCHITECTS CO,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.