佳作 : 小田急 新百合ケ丘駅 改良工事

増大する旅客対応や、駅舎のバリアフリー化に伴い、エレベーター、エスカレーター、コンコース拡幅等の整備工事が計画された。増築部分からオーバーラップさせる様に15mのキャンティレバーによる大テント屋根で既存コンコースをインボルブし、既存の屋根部分を解体撤去する事によって、一気に大空間のコンコースが実現した。

鉄道路線 小田急 小田原線
応募 小田急電鉄(株) 工務部
設計 (株)小田急設計コンサルタント
(株)篠田義男建築研究所
施工 大和小田急・鹿島・東急建設協同企業体
(代表:大和小田急建設(株))
構造/階数 鉄骨/地上3階
延面積 約2,000m2
工期 平成17年6月~20年6月

一般社団法人 鉄道建築協会COPYRIGHT (C) ASSOCIATION OF RAILWAY ARCHITECTS CO,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.