佳作 : 浦和駅高架化

浦和駅付近の高架化及び東北貨物線ホーム新設は、駅周辺の円滑な交通動線の確保と県庁所在地に相応しい都市機能強化を図るための計画であった。高架下駅舎を新築し、東西に分かれていた改札の統合、東西にある約3メートルのレベル差解消のためのエレベータ、エスカレータの設置によりバリアフリー化することで東西の自由な通り抜けを可能とした。

鉄道路線 東北本線
応募 東日本旅客鉄道(株) 東京工事事務所 鉄道設備
設計 (株)ジェイアール東日本建築設計事務所
施工 東北本線浦和駅付近高架化(駅部工事)鉄建・清水建設共同企業体
構造/階数 軽量鉄骨造地上2階
延面積 3,529.9m2
工期 平成22年3月~25年3月

一般社団法人 鉄道建築協会COPYRIGHT (C) ASSOCIATION OF RAILWAY ARCHITECTS CO,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.