佳作 : 大阪駅高架下開発

大阪ステーションシティ開業後、残されていた既存高架下の開発を行った。核施設となる「エキマルシェ大阪」は、西日本最大規模のエキナカ開発である。既存SCの抜本的な業態見直しと、既存不適格解消を同時に行い、併せて駅後方施設の整備と、コンコース及び周辺公共空間の美化を一体的に行うことで、駅機能の強化と賑わいの創出を図った。

鉄道路線 東海道本線 大阪環状線
応募 西日本旅客鉄道(株) 大阪工事事務所 大阪駅改良工事所
設計 西日本旅客鉄道(株)
ジェイアール西日本コンサルタンツ(株)
(株)乃村工藝社
(株)丹青社
施工 大阪駅改良他工事特定建設工事共同企業体
(株)乃村工藝社
構造/階数 RC造地上2階
延面積 7,712.74m2
工期 平成23年10月~24年10月

一般社団法人 鉄道建築協会COPYRIGHT (C) ASSOCIATION OF RAILWAY ARCHITECTS CO,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.