推薦 新しい移送モードへのチャレンジ : 大船渡線BRT 大船渡駅

BRTの工事は、駅舎として待合室と上家整備、バスポール設置など、整備したものであり、津波により被災流失した駅位置にBRTの駅(待合室、上家、便所)として建設したものである。小規模駅舎(待合室:11㎡)の仕様は床がアスファルト舗装、屋根材、外壁材がポリカーボネイト板で整備し室内を明るい環境とした。

鉄道路線 大船渡線BRT
応募 東日本旅客鉄道(株) 東北工事事務所 BRTプロジェクト
設計 (株)ジェイアール東日本建築設計事務所
施工 大船渡線仮復旧 鉄建・ユニオンJV
構造/階数 アルミニウム合金造地上1階
延面積 64.4m2
工期 平成24年11月~25年3月

一般社団法人 鉄道建築協会COPYRIGHT (C) ASSOCIATION OF RAILWAY ARCHITECTS CO,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.