入選 : 旭川駅舎

旭川市は北海道第二の都市であり、拠点都市としてその役割が期待されている。現在進められている「北彩都あさひかわ」の街づくりは、「川のまち旭川」に相応し、豊かな自然との調和を目指している。旭川駅舎のガラスによるファサ-ドは、インターフェイスとして「自然」と「まち」を繋ぎ、木材で覆われた内部空間は「温もり」と「やさしさ」が感じられる。

鉄道路線 函館本線・宗谷本線 富良野線
応募 北海道旅客鉄道(株) 工務技術センター
設計 (株)内藤廣建築設計事務所
日本交通技術(株)
施工 旭川高架駅工区工事共同企業体(清水建設(株)・熊谷組JV)
構造/階数 土木高架構造、一部鉄骨造 / 地上2階
延面積 17,407㎡
工期 平成19年11月~24年3月

一般社団法人 鉄道建築協会COPYRIGHT (C) ASSOCIATION OF RAILWAY ARCHITECTS CO,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.