最優秀協会賞 : 大阪ステーションシティ(大阪駅改良、ノースゲートビルディング、サウスゲートビルディング)

「大阪駅改良プロジェクト」は、大阪駅北地区のまちづくりと連関し、大阪市を始めとする行政や周辺事業者、テナント企業と一体となって進める事業である。そのまちづくりに先駆け、「広場・通路の整備」「駅改良」「新北ビル開発」「アクティ大阪増築」を4つの柱とし、関西の玄関口に相応しいターミナル拠点として開発を実施した。

鉄道路線 東海道本線、大阪環状線
応募 西日本旅客鉄道(株) 大阪工事事務所 大阪駅改良工事所
設計 【大阪駅改良】
西日本旅客鉄道(株)
ジェイアール西日本コンサルタンツ(株)
(設計協力) 東環境・建築研究所(高架下駅部)、大林組(大屋根・橋上駅舎・南北連絡通路部)
【ノースゲートビル】
西日本旅客鉄道(株)
ジェイアール西日本コンサルタンツ(株)
(基本計画) 西日本旅客鉄道、日建設計(建築)、三菱地所設計(地域冷暖房)
(設計協力) 大林組
(広場監修) ドーンデザイン研究所
【サウスゲートビル】
安井・ジェイアール西日本コンサルタンツ設計共同体
(広場監修) ドーンデザイン研究所
施工 大阪駅改良他工事特定建設工事共同企業体
大阪駅新北ビル(仮称)新築工事特定建設工事共同企業体
アクティ大阪増築工事特定建設工事共同企業体
構造/階数 S、SRC、RC造 / 地下4階地上28階PH2階
延面積 駅:42,300㎡ 、ノース:218,100㎡ 、サウス:170,500㎡
工期 平成16年4月~23年5月

一般社団法人 鉄道建築協会COPYRIGHT (C) ASSOCIATION OF RAILWAY ARCHITECTS CO,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.