入選 : 篠栗線篠栗駅自由通路新設

篠栗駅が位置するのは、南北に町の中心的な施設や商業地域業務施設が集積する地区であるが、鉄道による分断のため南北の一体性の阻害、基盤整備の遅れ等十分に拠点機能を果たしていない状況にある。自由通路によって南口の商業業務機能を中心に北口の文化・福祉施設などに連続性を持たせることで拠点性の強化を図る。

鉄道路線 篠栗線
応募 九州旅客鉄道(株)建設工事部施設課
設計 JR九州コンサルタンツ(株)
施工 三軌建設(株)
構造/階数 S造 地上2階
延面積 延べ542.52㎡
工期 平成29年11月22日~平成30年11月21日

一般社団法人 鉄道建築協会COPYRIGHT (C) ASSOCIATION OF RAILWAY ARCHITECTS CO,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.