佳作 : 六本松複合ビル(六本松421、SJR六本松)

 九州大学六本松キャンパス跡地開発(六本松複合ビル)は、当社グループで始めての駅や沿線を離れた場所、いわゆる“まちなか”における総合的な開発である。敷地は、キャンパス全体で6.5haあるが、そのうちの北側部分約2.2haをUR都市機構が実施した公募により当社が取得した。 まちづくりのコンセプトは「人と人がつながり響きあう“まち”」とした。コンセプトを実現するため、建築物には、多種多様な用途を導入するとともに、意匠は、福岡の新たなシンボル的建物となる計画とした。

鉄道路線 -
応募 九州旅客鉄道(株)事業開発本部
設計 (株)山下設計
施工 (株)大林組
構造/階数 六本松421 S造・Bi~6F SJR六本松 RC造・13F
延面積 29,578.01㎡
工期 平成27年10月~平成29年7月

一般社団法人 鉄道建築協会COPYRIGHT (C) ASSOCIATION OF RAILWAY ARCHITECTS CO,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.