佳作 : SL復活PROJECT ~SL大樹の運行を支える関連施設群~(下今市駅)

 下今市駅は、SLが活躍していた時代を彷彿とさせる「昭和レトロ感」をデザインコンセプトに、伝統的な木構造により改築した。同時に、地域に開かれた親しみやすい駅を目指し、駅前広場に面する広大な縁側や改札外待合スペースを整備することで、地域へ向けた様々なイベント等への活用などが期待される。また、往時を彷彿とさせる貴賓室を設置したほか、構内のホーム上家やホーム待合室、ベンチ、洗面台、出札窓口、各種サイン等々に至るまで、SL世界観の創出と、駅舎との一体的な演出のため、木材を多くとり入れたデザインとしている。

鉄道路線 東武鬼怒川線
応募 東武鉄道(株)
設計 (株)オー・エヌ・オー大野設計 (株)乃村工藝社
施工 東武建設(株)
構造/階数 W造 ・1F
延面積 329.01㎡
工期 平成29年1月 ~29年7月

一般社団法人 鉄道建築協会COPYRIGHT (C) ASSOCIATION OF RAILWAY ARCHITECTS CO,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.