推薦 SL復活の象徴 : SL復活PROJECTSL大樹の運行を支える関連施設群~(下今市SL機関庫)

 下今市SL機関庫は、SLおよびDLを格納し日常点検等を行うため、内部にはクレーンおよび排煙装置を有している。外観は近代化産業遺産として相応しい赤レンガタイル貼りでレトロな雰囲気を表現しており、同時整備した転車台広場とも接することから、SLおよびDLの点検風景を間近で楽しんでいただけるよう大きなガラス張りの面を設けた。単なる格納庫としての機能のみならず、観光目的で訪れてみたくなる鉄道施設を目指している。なお、外壁の赤レンガタイルを焼くにあたっては、各地の釜の検討を行い、愛知県瀬戸市の工場を選定し特注している。

鉄道路線 東武鬼怒川線
応募 東武鉄道(株)
設計 (株)オー・エヌ・オー大野設計
施工 東武建設(株)
構造/階数 S造・1F
延面積 527.27㎡
工期 平成29年1月 ~29年7月

一般社団法人 鉄道建築協会COPYRIGHT (C) ASSOCIATION OF RAILWAY ARCHITECTS CO,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.